戦国炎舞 感謝の鈴を交換しました

スポンサーリンク
戦国炎舞その他
スポンサーリンク

おはこんばんにちは
わくへいです。

感謝の鈴・・・遂に交換しました。
夢もくそもない、現実的かつ堅実的な交換を(笑)

そもそもですが、感謝の鈴で交換できるカードは、前期・中期・後期・特別の種類別に同じコストでも交換数が違います。

例えば同じP23のカードでも、前期だと1000個、中期だと1350個、後期と特別だと1500個と微妙に鈴の必要数が違うんですよね~・・・。

私の鈴は、5400個です。

自分のデッキを見ると、P23武蔵の凸完了まで、あと5凸だったので・・・

武蔵5枚と交換しましたw
☆-(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ

念願の独行道ゲットです!
長い道のりだった・・・(笑)

こんなアッサリ取れるとは思わなかったので、すごろく続けてなくて良かった(笑)
めちゃくちゃ嬉しい(´;ω;`)ウゥゥ

スキル図鑑で確認すると、独行道はLv.30で発動率が34.00%となっていますが、温故Lv.30が3個あると発動率は44.35%になります。

武蔵5枚と交換して残り400個になった鈴は、補助の数珠と交換してきれいさっぱり使い切りました(笑)

欲しい奥義持ちのカードと交換してもいいし、LGが近いカードと交換してもいいし、そこは人それぞれだと思っています。

私は欲しい秘技や極意(補助スキル)が取れそうなカードを優先して取っていくスタンスなので、今回このような結果になりました。

感謝の鈴の使い道で悩む人の、ひとつの参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました